おすすめサービス・モノ

SAPICAのオートチャージはやらなきゃ損!メリットしかない!

SAPICA(サピカ)は札幌圏の地下鉄・バス・市電で使用できる還元率10%の最強のICカードです。

札幌では浸透してきていて、利用している方も多いかと思います。

札幌圏しか使用出来ないデメリットはありますが、ウィズユーカードの名残で還元率が10%と高いため、札幌民には必須のカードと言えます。

そのSAPICAに「オートチャージ機能」を付けていますか?

利用率が25%程度(2016年のデータ)なので、「なんとなく」オートチャージにしていないという方が多いのではないでしょうか。

「時間」も「お金」も損をしているかもしれません!

この記事では

✔メリット・デメリット

✔オートチャージの申し込みの流れ

を解説しています。

SAPICAを利用している札幌民は必読です!

オートチャージ機能とは

文字通り、オートチャージとは改札で「ピッ」とする際に自動的にチャージされる機能です。

残高が1000円以下で1000円を自動チャージ(初期設定)

地下鉄は「乗るとき」、バス・市電は「降りるとき」にチャージ

覚えなくてOKです。

メリット

私が思うSAPICAのオートチャージのメリットは下記の3点です。

①時短になる

②クレジットカードのポイントがつく

③好きなクレジットカードが使用できる

①時短になる

最大のメリットは時短です。

「チャージの時間なんて、たいしたことはない」と考える方もいるかもしれません。

しかし、冷静に考えると無駄な時間が多いものです。

  • 現金をおろす時間
  • チャージのために財布を出す時間
  • 並ぶ時間
  • 実際にチャージする時間
  • 「あれ?残高どれくらいあったかな?」と残高を気にする時間

実際にオートチャージの快適さを味わうと後悔する人はいないと思います!

チャージをしていなくて、後ろの方々に迷惑をかけてしまうなんてこともなくなります。

私は大きな金額をチャージして、落としてしまうのが怖くて、ちまちまと3000円くらいずつチャージしていたのですが、本当に無駄な時間でした(笑)

もっと早くオートチャージにしておくべきでしたね…

クレジットカードのポイントがつく

これはSAPICAのチャージがクレジットカード払いなので、そのポイント分は得をしますよって意味です。

月に交通費が1万円かかる人は還元率1%のクレカなら100ポイント分は貯まります。

私は交通費が高いので、年間1500ポイントくらいは得られそうです。

交通機関を使えば使うほどその差は顕著になります。

「塵も積もれば山となる」ですね。

労力の一切かからない節約方法は積極的に取り入れた方がいいですよね。

③好きなクレジットカードが使える

え?当たり前じゃないの?と思う方もいるかもですが、意外とICカードには制限があったりします。

その点SAPICAは制限がなく、ほぼ好きなクレジットカードを使えます。

私が愛用しているのは総合力の高い楽天カードです。

  • 安定の還元率1%
  • 年会費無料
  • ポイントの貯まりやすさ
  • ポイントの使いやすさ
  • 家計管理のしやすさ

無料のクレジットカードでは最強のカードなので、もし持っていない方は作っておきましょう。

ただ、その楽天カードはSuicaなどは相性がイマイチです。

オートチャージ機能がついてないものや、チャージ出来ても楽天カードのポイントが付かないものもあります。

つまり、楽天経済圏を活用している私にとって、オートチャージを楽天カードで設定できるのは非常に魅力的なんです。

デメリット

ネットでの申込みが出来ないこと

デメリットはこれだけです。

窓口に行く必要が2回程ありますので、その手間はあります。

ただし、得られるメリットの方が明らかに大きいのは言うまでもありません。

紛失したときは?

もしSAPICAを紛失したら、他の人に使われてしまった場合、大きな損失になるのでは?と心配される方もいるかと思います。

結論から言いますと心配いりません。

理由は限度額があるからです。

1日あたり3000円

1ヶ月あたり30000円

これ以上は使えないようになっています。

記名SAPICA(名前が書いてある)なので落とし物で戻ってくる可能性がありますし、悪用されても3000円までしか使えないので、落とした場合はすぐに窓口に行って再発行してもらえばOK。

オートチャージにしていなくても、落としたときの損失はあるので、まずは落とさないようにする工夫が大切です。

チャージの度に取り出さなくていいので、ICカードケースをかばんやリュックに取り付けておくのがおすすめ

取り出しもスムーズですし、紛失リスクはほぼ皆無になります。

ICカードケースは何でもいいと思いますが、私が買ってよかったのはこれです。


木の温もりが感じられて、かなり気に入って使っています。

申し込みの流れ

さて、申込みの流れを説明します。とても簡単です。


①↑この冊子を取りにいきます(地下鉄窓口・定期券発売所・バス営業所・ターミナル窓口)

②冊子の中にある申込書を記入してポストへ投函(切手不要)

受付完了通知書を受け取る(2週間以内には届く)

登録したSAPICA+受付完了通知書+公的証明書(免許証など)の3点を持って、再び窓口に行く

これだけです。

設定してもらったその瞬間からオートチャージ機能が使えるようになります。

登録するSAPICAは

記名SAPICA,SAPICA定期券のどちらかが必要です。

期限切れのものでOK。要は名前が書いてあるものですね。

無記名SAPICAしか持っていない方は地下鉄の券売機・定期券発売所、バス営業所・ターミナル窓口で変更出来ます。

これが無記名SAPICA
名前の付いてあるものに変更しましょう

別のクレジットカードに変更したい場合

決済するクレジットカードを変更したい場合は、申込書(兼変更申込書)を再び送るだけです。

そうすると変更完了の通知が2週間以内に届きます。

窓口に行かなくてOK。

もし他に困ったことがあったら、黄色の冊子に詳しく書いてあるので読んでみましょう。

まとめ

オートチャージのメリット・デメリットは

メリット

  • 時短
  • ポイント分お得
  • 好きなクレジットカードが使える

デメリット

  • ネットで申し込みが出来ない

おそらくチャージの時間に価値を見出している方はいないと思いますので、利用をおすすめします。

私は人生で大切なものは、【時間】だと思っています。

もちろんオートチャージだけで無駄な時間がそこまで減ると考えているわけではありませんが

【価値を感じていない時間は時短して、自分にとって価値がある時間を大切にする】

この考え方はきっと幸福度が上がることに繋がると思っています。

余談になりましたが、この記事が参考になれば幸いです。